来頼亭

a0060360_2121943.jpg宇品港から皆実町へ向かう広島電鉄の県病院電停前に来頼亭というラーメン屋がある。

以前この通りを通ったときは、店の前に長蛇の列ができていたのだが、今日は誰も並んでいなかったので店の前にスクーターを置いて店に入ってみることにした。

しかし・・・・・なんと古めかしい(ボロい)店なんだろう。

ドアを押して店に入ると・・・なんと古めかしい(ボロい)店なんだろう。

テーブル席には12人ほど、座敷には5人ほどが座れるみたいだ。
どこに座ろうかと思って店内を見回していると・・・すぐに店のオバアチャンが
「食券買って」
と声をかけてきた。

あ!食券制だったのね。
初めての店だしとりあえずはいちばん基本のものを食べようと思い、ラーメン小550円の食券を買ってオバアチャンに渡すと
「小でいいの?」
と聞く。
「うん」
と答えたのだが、小だとダメなのかなあ?
a0060360_2123885.jpg

思ったよりも長く待たされて、ラーメン小が出てきた。

いつもならまずスープを啜るのだが、あまりにも丼になみなみと入っているので、麺から食べ始めた。
細めの柔らかい麺だ。
チャーシューは極薄く切られていて、スープに絡んで美味しい。

で、スープは・・・・・・・コラーゲンたっぷりの、こってり白濁系だな。
天下一品よりかは少しあっさりさせた感じ。

もやし・チャーシュー・ねぎ、そして錦糸玉子のトッピングのバランスがいいねえ。

食べ終えたときの後味はスッキリしていて、でも、唇がテラテラしてる。
次はラーメン大を食べてみなきゃ!




しかし・・・・
接客しているオバアチャンの愛想の悪さをどうにかしなきゃならないんじゃないかな。
[PR]

by vivace185 | 2009-03-18 06:32 | 食べ物の話  

<< 春分の日 「観音」という地名 >>