肉玉そばダブル

ああ~お好み焼き食べたいィーー!
毎日毎日そう思いながら過ごしていた。

少し仕事が早く終わったので馴染みのお好み焼き屋に行くと・・・・・・・


貸切だぁーーーーー(ノ_・。)クスン


翌日こそはと、アクセルベタ踏み(笑)でその店に行って見ると・・・・・・・・・・・


満席だあーーーーーーー(ノ_・。)クスンクスン


仕方なく(スンマセン)じゃんぼに行った。
そういや前回ここに来たのは10ヶ月ほど前。

久しぶりだな。

店に入ると、オバサンが3枚のお好み焼きを焼いていた。
鉄板前に座って肉玉そばダブルを注文する。

漫画を読み始めるとすぐに親子連れが入ってきた。
小さな女の子とその弟がオレの横に座って、鉄板で焼かれているお好み焼きをじーーーっと眺めている。
店内を走り回るでもなく、実に大人しい姉弟である。

オレの肉玉そばダブルだ出来上がってきた。
a0060360_20351383.jpg

いただきマーーース!! (* ̄ー ̄)v

ミツワソースのピリ辛感が美味しいなあ~
オレにはこのソースのほうが合っているのかもしれないな。

ふと・・・・・・・熱い視線を感じた。
( ・_・)ん?
そう。
横に座ってる姉弟がオレの食べる姿を注視しているのである。

恥ずかしいぃーーー
でも、お好み焼きを食べる手は止まらない。
ふたりに愛想を振りまきながら完食!

ふたりに「バイバイ!」と挨拶して、750円支払って

ごちそうさま~~
[PR]

by vivace185 | 2009-02-28 20:36 | 食べ物の話  

<< あさりラーメン 足・・・その後 >>