電光石火

a0060360_1145312.jpgアルク廿日市店にあるお好み焼き屋 電光石火 で食べることにした。
時間が2時を越していて、アルクの近くのお好み焼き屋さんが閉まっていたからだ。

すでに客は少なくて、カウンターを希望して鉄板前に腰掛けた。

お腹がとても空いていたので 肉玉そばダブル830円 を注文した。

オレの前では、手の空いた店員が自分の昼ごはん用であろうお好み焼きを焼いている。
ここのお好み焼きはひたすら掻き混ぜるのである。
そして、それを小さい面積にうずたかく盛って行くのだ。
そばダブルを頼んだので余計に嵩が高くなってる。

出来上がってきた肉玉そばダブルはビックリするほどの高さ!
a0060360_11453151.jpg

いただきまーーす!
ふわっとした感じはないがしっかりとした美味しさがある。

以前食べたときはあまりにも量が少ないと思ったのだが、ダブルにすると満足度が高い。

店長が「食べるの早いですねえ~」と呆れられたのは、オレがとても腹が減っていて、ガッついて食べていたからだろう。

あっという間に完食!
ごちそうさま (^▽^)/
[PR]

by vivace185 | 2012-03-20 17:34 | お好み焼き  

<< もう食べない 西国街道を歩く(楽々園-宮内串戸) >>